イタリアのトスカーナ地方


イタリアはヨーロッパの中でも人気の旅行先です。少しイタリアについておさらいしておきましょう。イタリアはヨーロッパ南部にある国で、長靴のような形をしていることで有名です。かつてはローマ帝国という、ヨーロッパからアジアの一部までを支配する強大な国家を築いていて、かなり歴史ある国です。ルネサンス時代の中心であるフィレンツェなどもあり、歴史的な建築や絵画など、人類の遺産ともいえるものがたくさんあって、イタリア旅行はいつの時代も大人気です。

イタリアはパスタやピザなど、料理もとても美味しい国です。「イタめし」などとも言ったりするイタリア料理ですが、ワインも非常に評価が高いです。地中海性の温暖な気候のなかで、ワインに適したブドウがすくすくと育っているため、とても美味しいワインを飲むことができます。フランスと同じくらいの生産量を誇っていて、毎年、ワインの生産量でこの二国が首位争いを繰り広げています。

ワインを堪能するならトスカーナ地方

近年特にワインの産地として有名なのがトスカーナ地方です。トスカーナといえば「花の都」といわれるフィレンツェがあります。ドゥオーモやダビデ像など、ルネサンス期の有名な建築や美術品が多数あり、常に多くの観光客が世界中から集まってきます。また、斜塔が有名なピサもあるので、イタリア旅行で行く機会が多いかと思われます。

トスカーナ地方で作られる上質ワインとして有名なのが「スーペル・トスカーナ」です。ブドウをブレンドしながら作っていくというまったく新しい発想で作られているこのワインは、当初はあまり評価されていなかったものの、どんどんその美味しさが認められていき、現在ではイタリアを代表するワインとしての地位を確立しています。

03